« 振ってはいけない!バヤリースのオレンジスパークリング | トップページ | 2011.9.3朝日新聞赤be「うたの旅人」を読んで »

2011年9月 2日 (金)

サマータイムで15%節電出来た?

うちの家、


お陰様で7月も8月も、

去年と比べてほぼ15%、
電気料金節約出来たらしいです。

厳密には14.後半%らしいけど。

でもこの位なら、点けっぱなし大魔神の父(笑)が
真面目にこまめに消せられていたら、
きっと15%は達成出来ていたんだろうなぁと、
間違いなく思いますo(`▽´)o

で、なぜほぼ15%削減が達成出来たか。

考えられる理由その1。

「関西は去年より、36℃強の日が少なかった。」

これは明らかですよね。

去年は「コレって熱が有る気温やん」ってな会話を
よくした記憶があるのだけど、
今年は35℃の記憶はそれなりに有っても、
36℃以上の記憶ってあんまり無いんですよね。


考えられる理由その2。


「家族全員サマータイム勤務になり、
夜三時間ほどの電気料金が節約出来た。」


多分、案外これが大きいんじゃないかと。


サマータイム制って、批判がすごく多いですよね。


実際うちの職場でも、
そもそも距離的にサマータイム時間に出勤出来ないとか、
朝、子供を保育所に預けなきゃいけないからサマータイム時間に出勤出来ないとかで、
結局一部の人の実施になって、

で、結果的に職場の電気を点ける時間が
勤務時間が重ならない分だけ延びてしまって、
去年より、むしろ電気料金が高くなるっていう反論とか。

上記の理由で私自身も、最初はめちゃ批判的でした。

あとは体調不良になったという批判。

確かに、体が完全夜型の人は大変なのだろうし、
単純に、サマータイムになったからと言って、夜早く寝ようとしないで、結局いつも通りの時間に寝ていたら
睡眠不足になるのは当たり前な訳ですしね。


でも、うちの家は、父も私もサマータイム勤務になって、
家族全員が10時くらいにはリビングの電気を消すくらいの生活になったものだから、
普段深夜25時位まで起きていた去年と比べて、
明らかに節電になったのかなぁと。


つまり、サマータイムは、

「自分の周り全員が、実行出来る環境が有って」、


「完全朝型の生活ができる人」

にとっては、

あんがい悪い制度じゃ無いのかもしれません。

ただ、体験して実感したのは、

朝も、7月や8月上旬は明るいから良いけど、
8月下旬になると、結局朝もまだ暗くて電気を点けるから、
節電効果が減るんじゃないかと。

なら、サマータイムを実施するなら、
単純に朝が明るい夏至を中心に実施した方が、
より効果が期待できるんじゃないかと思いました。

いずれにしても、
うちの家族はサマータイム勤務終了まで
あと20日。


もうちょい頑張りますo(^-^)o

|

« 振ってはいけない!バヤリースのオレンジスパークリング | トップページ | 2011.9.3朝日新聞赤be「うたの旅人」を読んで »

つれづれ。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 振ってはいけない!バヤリースのオレンジスパークリング | トップページ | 2011.9.3朝日新聞赤be「うたの旅人」を読んで »