« バリラグーン 〜 芦屋の気さくなインドネシア料理店 | トップページ | そうさく畑65(4/3神戸)で東北地方太平洋沖地震 募金企画を立ち上げます »

2011年3月12日 (土)

映画ドラファンによる、映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 感想もどきレビュー

Pa0_0049
映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~
パンフレット表紙



私の死ぬほど大好きな作品が、汚されずに済みました
よかったああああああああ!!!!ヾ(;□;)э




今回のリメイク、本当に良かったと思います。

私は、間違いなく過去のリメイク作品の中で、
一番良い方向にリメイクされたなぁと思いました。



作画の迫力も有って、

テンポも早めで中だるみしていないし、

新キャラのピッポも、元ストーリーの邪魔になるどころか、
ピッポのお陰で、よりリルルの気持ちの変化が自然になった気がするし、

声も、重要キャラは声優さんがやっていたから、
重要なシーンが、棒読み演技で興ざめになる事も無かったですし…

…とまあ、ネタバレ無しだと言えるのはこの位かな。



褒めすぎかもしれないけど、
旧作よりいいんじゃない?と思う描写も
結構有ったんじゃないでしょうか。




ブルーレイ発売されたら欲しいです。
…でも出ないかなぁ…どうせDVDだろうなぁ…。




以下、ネタバレ有の感想です。注意。

最初、ちょっと「ええっ?!」と思ったのは、
超序盤から、リルルが兵団のスパイだとすぐに分かった事。
でもまぁ、リルルが明らかに人間じゃないのは、
すぐに勘づける事なので、
そこまで目くじらたてる所ではないかなぁと。



のび太の「羨ましくなんかないもん。」は
私は、前の感じの方が好きでした。
今回の表情は、より自然だとは思ったけど、
私は、前の、気持ちの悪い位の満面の笑み( ^ω^ )が、
家に帰ったとたん、泣き顔に変わる方が
のび太が、あほっぽくて好きです。



ドラえもんの
「ロボットならここにいるじゃないか(○゚ε゚○)」は
思わず笑いました。
いい加減、地球破壊爆弾を軽々しくポケットから
出すのは止めた方がいいと思います(笑)。

「もっと足の長いのがいいーー!」って…
のび太、気持ちは分かるけど、アンタ贅沢だって(´,_ゝ`)



挿入歌、今回多かったですよね。
気になると言えば気になるけど、
見ている子どもの集中力を
途切れさせない様にするためだと思えば、
別に有りなんじゃないかと。
いずれも、台詞が無くても
何をやっているか分かるシーンですし。



ザンダクロス。ますますガンダムっぽくなっていましたね(爆笑)。
ロケットランチャーの発射なんて、軌道がそのまんますぎ。
最後ジュドー(←笑)が、敵母艦に攻撃を仕掛ける時なんか、
え?これはMSvs母艦戦ですか?と言いたくなりました。

そもそも原作ではのび太が
「カッコいい名前がいい!マジンガーとか!ガンダムとか!」と
伏字することなく、そのまんま名前を言っていましたしね。
なので私は、よくぞここまで真似してくれたと思います。


あ、そう言えばザンダクロス、
バンダイから商品が発売されます(爆笑)。
こちら、映画パンフ内の画像↓
Pa0_0050

しずかちゃんの様な女の子にも安心!
バレエも踊らせる(笑)事ができる設計だそうです。



しずかちゃんが、何気なくボタンを押して、ビルを破壊するシーン。
これは明らかに今回の方が、描写が怖くて良かったと思います。
お陰でしずかちゃんに、感情移入しやすかったです。



ママの「小さい家で悪かったわね!」。
ここは重ねてきましたねーーーー(ノ∀`)・゚・。
こういう小ネタのセンスの良さは、
新しいドラの良さだなーと思います。
あと、ドラミちゃんが、
ここだけでしか出なくてびっくり。
パンフレットの表紙にまで載っているのに…。



リルルがのび太に「地球人の中で貴方だけ特別扱い…」
と言うシーン。
ここは、リルルの雰囲気がずいぶん変わっていましたね。
旧作のこのシーンのリルルは、
どちらかというとメカっぽい、あんまり感情が感じられない
明るい感じでのび太に話しかけていましたが、
今回のリルルは、しっかり怖い感じで
のび太に迫っている様に感じました。



慌てたのび太とドラえもんが、
色々な所に電話をかけるシーン。

ドラえもんの

「特命係!」

に盛大に吹いた大人がここに1人( ´艸`)
いやぁ…いくら同じテレビ朝日とは言え、
まさかドラから、こんな言葉が出てくるとは、予想外でした。



それにしてもどうよ、あの存在感の無い福山雅秋(爆)。
…でも私は、あーゆー形の、ストーリーに影響の無い所での
有名人の声優起用は、有りだと思いました。
だって、映画を売る側は、
やっぱりアニメに興味の無い人や親に
なんとしてもアピールしたいから、
ああやって有名人を声優に
起用したがるわけじゃないですか。
(で、過去、多くのアニメ作品が、
棒読み演技の犠牲になってきた訳ですが…)

でも、あれ位の邪魔にならないネタレベルなら、
作品の質に及ぼす影響は、それほど無いので、
アニメに興味の無い親に広報にもなる
&作品も傷つかない→win-win
と、双方の妥協策としていいんじゃないかと、
今回思いました。




今回の新キャラ、ピッポについて。
私は正直、こういう「リアルっぽい男の子キャラ」は
好きなタイプではないです。
あえて酷い言い方すると、
子どもが好きな人には好かれても、
そうじゃない人には「お涙頂戴要因」としか見れない、
うっとおしいキャラクターだと思います。
(ツンデレ言動もちょっと鼻につくし)

でも、この子が今回いた事で、
この作品でののび太や、ジャイアン、スネオ達
男の子達の主役度が一気にあがりましたよね。
鉄人兵団って、ラストがどう見ても、
「結果、しずかちゃんが主役ですよねー」感がある
作品だったと思うんです。

でも、ピッポがいたお陰で、
男の子達側にもドラマが生まれましたよね。
これはかなり良かったんじゃないかと思います。



あとは、「人間なんて下等生物」と
言い放っていたリルルが、
「人間は私達と同じ様な感情を持っている」
という考えに変わるのも、
ピッポがいたことで、
よりその変化が自然になったと思います。
リルル自身が、しずかちゃんから感じただけじゃなくて、
仲間のピッポが、
のび太達からも同じ様に感じた事が有ったからこそ、
「人間はもしかしたら自分達と変わらないのでは?」と
リルルが苦しくとも思えたんじゃないかと思いました。
だからこその、あの、
「人間を奴隷にする事は…悪い事です。」の
台詞が出てきたんだと、私は、納得しやすかったです。


あと、ピッポが歌を歌うシーン。
あれも、ピッポが人間を
下等生物と見れなくなるきっかけとして、
違和感が無くて良かったと思います。
「歌を自由に歌える」という想いは、結構強い物だと思うので。




褒めてばかりだとアレなので、どうかなぁ…と思った点。
今回、ミクロスが完全サブキャラになったので、
リルルが「神様に文句を言いたい」
というセリフを言ったのだけど、
この台詞には、ちょっと違和感が有りました。
まだリルル達の世界が日本的…
…神様に対して親近感あふれる言い方を
するのが変じゃない風土ならまだしも、
リルル達の世界の神様は、どう見てもそうじゃなくて、
唯一の絶対神の様な扱いなので、
リルルが「神様に文句を…」なんて言うとは思えないんですよね。
私としては、「神様にお聞きしたいわ」位の言い方の方が、
違和感なかったかなぁと思いました。



最後、リルルがアムとイブを改造するシーン。
ここは思い切って原作と変えてきましたよね。
リルルさん、もうメカトピアの天使以上の存在になってます。
でもこの事で、ドラえもん達との交流が、
色濃く結果に結び付く事になったので、
大冒険の最後としては、こんな形も有りなんじゃないでしょうか。



映画公開前、インターネットでは
「~はばたけ 天使たち~」の「たち」について、
色々議論をされていた様ですが、
結果的に、天使“たち”とは
「その他大勢」ではなく「2人」だったんですね。
某幽白のプーのごとく(笑)カッコいい天使君の姿が
見られなかったのが残念です(*^-^)




バンプの主題歌。
私、個人的にバンプは好きなのですが、
今回に関しては、もうちょっと鉄人兵団感の有る歌詞の
曲にしてほしかったです。
この歌詞だと、別に他のドラ映画でも使えそうなので…。
やっぱりこの点は、「わたしが不思議」の方が、
聞いていて、
リルルやしずかちゃんを容易に想像出来るので、
鉄人兵団の映画主題歌として、良いですよね。



以上、長々と感想もどきレビューでした。

…例年、ドラ映画はここのブログで勝手に語っていますが、
やっぱり今年は文章量が長くなってしまいました(笑)。


だって、ドラ映画で
鉄人兵団が一番好きですもの!!

今回本当に、
この映画が好きなまま見終われてよかったです。




来年は…オリジナルでしょうか??
そろそろ、オリジナルからも、
一生心に残る作品が出てきて欲しいなぁ…。

|

« バリラグーン 〜 芦屋の気さくなインドネシア料理店 | トップページ | そうさく畑65(4/3神戸)で東北地方太平洋沖地震 募金企画を立ち上げます »

しゅみ。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バリラグーン 〜 芦屋の気さくなインドネシア料理店 | トップページ | そうさく畑65(4/3神戸)で東北地方太平洋沖地震 募金企画を立ち上げます »