« 映画・チームバチスタの栄光 | トップページ | 新テニスの王子様 »

2009年3月 3日 (火)

おくりびと

神戸国際松竹で観てきました。おくりびと。

流石アカデミー賞効果。
10時に行くともう13時の回が満席。
映画館を出たときには16時の回も満席でした。
(私は前もってネットで席を予約してました♪)


とりあえず映画自体の感想より先に言いたいのは、
神戸国際松竹のスクリーンの観にくさ(爆)。

全く段差の無い映画館、ありえません(×_×)
しかも席の配置が、おもいっきり前の人の頭の真後ろ。
すごーーーく前時代的なシアターで、ガッカリでした。

そういえば梅田ピカデリーも結構前時代的だった気が・・・。
松竹系はなんばパークスシネマで観るのが
1番見やすそうです。
(まぁでも、杖をついたお年寄のお客がめちゃ多かったので、
そういう意味ではバリアフリーでいいのかもしれないけれど)



そして肝心の映画の感想。一言で言うと・・・・
泣き所と笑い所のバランスが、個人的に絶妙でした。

実はこの映画、アカデミー賞を取る前から
ずっと気にはなっていたんです。
理由は簡単。糸井さんが大絶賛していたから(笑)。
で、観てやっぱり納得、
私の感性は、糸井さんに近いのだと(爆)。

兎に角地味なんですよ。
別に殺し合いもない、ドンパチもない、
そこまでドロドロとした人間関係もない。
ストーリーも単純で、ラストが予想出来る。

でも、ここ最近思うのは、
例えストーリーに意外性が無い物であっても、
面白いものは面白いんだと。
感動できるものは感動できるのだと。


あと曲!!!サントラがマジで欲しくなりました。
異様に曲が良いなぁ・・・と思っていたら、
久石譲さんなんですね。これまた納得。
TSUTAYAに無いのが残念・・・。

|

« 映画・チームバチスタの栄光 | トップページ | 新テニスの王子様 »

つれづれ。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393303/28457411

この記事へのトラックバック一覧です: おくりびと:

« 映画・チームバチスタの栄光 | トップページ | 新テニスの王子様 »